CSR

環境方針

当社は、SUBARUグループ ISO14001統合認証に参画しており、以下がSUBARUグループの環境方針です。

SUBARU環境方針
(SUBARUの環境理念)

『大地と空と自然』がSUBARUのフィールド
自動車と航空宇宙事業を柱とするSUBARUの事業フィールドは、大地と空と自然です。
私たちは、この大地と空と自然が広がる地球の環境保護こそが、
社会と当社の未来への持続性を可能とする最重要テーマとして考え、
すべての企業活動において取り組んでいきます。

  1. 先進の技術で環境に貢献できる商品を開発、社会に提供
    私たちは、環境と安全を第一に先進技術の創造に努め、地球環境保護に貢献できる商品を開発し、提供していきます。
  2. 自然との共生を目指した取り組みに注力
    私たちは、CO2削減活動を全ての企業活動で取り組むとともに、森林保全に注力しアクティブに自然との交流を進める活動を支援していきます。
  3. オールSUBARUでチャレンジ
    私たちは、バリューチェーン全体を俯瞰出来る組織的特性を活かし、オールSUBARUチームで地球環境保護にチャレンジしていきます。

(環境行動指針)
 

SUBARUのフィールドは、大地と空と自然です。
大地と空と自然が広がる地球環境保護を重要な企業活動と捉え、あらゆる事業活動において、気候変動への対応、生物多様性など地球規模の環境課題に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

【商品】
私たちは環境に配慮し、且つライフサイクルを考慮した商品の設計と研究開発に取り組みます。
【調達】
私たちは生物多様性など環境保護に配慮した調達を実施します。
【生産】
私たちはエネルギーの有効活用、廃棄物の発生抑制・適正処理など環境負荷の低減に努めます。
【物流】
私たちはエネルギーの有効活用、汚染予防など環境負荷の低減に努めます。
【販売】
私たちは資源のリサイクル及び適正処理に取り組みます。
【管理】
私たちは社会のニーズに応じた貢献や情報公開、SUBARUチームとしての活動の統制と強化に取り組みます。


ISO9001・14001・39001認証活動

全世界へ物流を展開するスバルグループ唯一の物流会社として、ISOをツールとして環境にやさしい物流システムを構築すると共にグローバルスタンダード(世界標準)に基づいた業務品質の向上へと繋げ、常に継続的改善を意識した活動に取組んでいます。
※ISO9001:品質マネジメントシステム
ISO14001:環境マネジメントシステム
ISO39001:道路交通安全マネジメントシステム

認証適用範囲

ISO9001:全本部
ISO14001:部品用品事業本部・航空宇宙事業本部を除く本部
ISO39001:車両輸送、部品輸送、通勤車・社有車の管理プロセス

地域貢献

企業として、そして人として取り組んでいる社会貢献

企業市民として、社会貢献することはスバルグループ全体の方針です。
循環型社会のキーワードでもある3R(リデュース、リユース、リサイクル)を徹底だけでなく、地域とコミュニケーションを図るイベントや清掃活動などを行なっています。

外周ゴミ拾い活動

スバル車の生産拠点であり、我々を支えいただいている、群馬県太田市にある本社周辺の清掃活動をしています。

交通安全カンパ支援

会社として寄付を行なうほか、プライベートの時間を使ってボランティアに取り組んでいる従業員も多く表彰されています。

金山清掃活動(スバル地域交流会実施)

太田市のシンボルである金山の清掃では毎年400名が参加し、環境美化活動に励み、地域の人々との交流を行なっています。

人と人との繋がりを大事に

スバル車の購入優遇やコミュニケーション援助費などの福利厚生の充実、人権に配慮した雇用・労働条件の整備に努めながら、フレンドリーで親密な職場づくりをはかっています。