自動車

事業本部それぞれの役割

事業本部のボタンをクリックすると業務の流れがご覧いただけます。

SUBARU
生産工場
新車プール
積出港
納整
センター
海外SUBARU
販売店
国内SUBARU
販売店
お客様

車両物流本部

車両物流本部

全国の特約店や輸出船積港まで安全・確実にSUBARU車をお届け

車両物流本部では、安全かつ確実に、全国のSUBARU特約店および国内各地の輸出船積港に輸送するため、高品質で効率的な輸送計画の立案・輸送マネジメント管理を行っています。群馬県太田市等の工場で生産されたSUBARU車を納整センターにて整備した後、全国のSUBARU特約店に向けて配車。そして海外向けの輸出船積港まで。当社はSUBARU車の高品質を維持し、安心とともにお届けしています。

車両物流本部

安全・効率的な輸送サービスを提供

SUBARU車を全国に輸送するため陸上・海上あわせて100以上のルートを設定し、納期・品質・輸送安全を確保した効率的な輸送を行っています。また、生産工場から出荷されたSUBARU車の輸送状況や在庫を管理する輸送管理システムを使用して、お客様の要望にあわせた輸送も行っています。
輸送安全への取り組みとしては、全国輸送安全キャンペーンを定期的に実施し輸送安全にも努めています。近年では環境への影響も配慮し環境負荷の少ない輸送ルートの設定や機材の使用にも取り組んでいます。

この事業部の社員インタビューを見る

この事業部の
社員インタビューを
見る

納整事業本部

納整事業本部

優れた納車整備能力でSUBARU車を仕上げる

本社がある群馬の太田市をはじめとし、全国の納整センターで新車へのオプション部品の取り付け作業やボディコーティングを行っています。納整センターで整備されたSUBARUの新車は車両物流本部の協力のもと、全国の特約店へ運ばれお客様のもとへ届きます。スバルロジスティクスではプロの厳しい検査基準で入念に整備し、品質を保証するノウハウを有しています。

納整事業本部

高い生産性と高い品質を確保

ここ数年でカーナビ・ETCやリアビューカメラなど電装品の取り付けが増加しています。1台あたりの作業時間も増えてきていますが、当社では作業の標準化、効率化を進め、生産性を高めています。
2018年には、これまでの納車整備実績で培われたノウハウを活かし効率的なレイアウトを採用した大規模納整センターである「関東納整センター」が新たに稼働。敷地内には新車用部品を取り扱うアクセサリーセンターが併設され、納期短縮、品質確保などQCDS全般の向上と、国内SUBARU特約店の負担軽減という重要な役割を担っています。

納整業務の流れ

この事業部の社員インタビューを見る

この事業部の
社員インタビューを
見る